大切なペットとのお別れ|健康を維持する為に犬にもサプリを飲ませる時代が到来
ドッグとキャット

健康を維持する為に犬にもサプリを飲ませる時代が到来

大切なペットとのお別れ

位牌

飼い主に寄り添う業者

ペット供養を任せるときは、どんなペット供養の業者でもいいのかといえばそうではありません。飼い主の悲しみに寄り添ってくれる業者を選ぶことをおすすめします。安心してペット供養を任せられるのは、供養の資格を持っているかどうかも大切です。動物葬祭ディレクターという資格があります。この資格の検定内容の一部で、ペットロスについても勉強しなければなりません。ペットロスについて勉強することで、ペットとの死別の悲しみと分かち合う気持ちが生まれます。いくら、供養が仕事だからと、流れ作業のようにされては困りますよね。飼い主の悲しみに寄り添い、その気遣いができるペット供養業者は信頼できます。特に1級を取得するには、実務経験も積まなければいけないのです。その為、1級を持っているか資格の有無も、信頼できる業者かどうか、見極めるポイントのひとつです。

飼い主が示す最後の愛情

大切なペットが亡くなった時、お別れもきちんとしたいと思うのが飼い主の心情でしょう。ペット供養は、飼い主のそんな願いを叶えてくれます。ペット供養は、ペットの亡骸を、火葬してくれます。大阪では、個別で火葬ができる葬儀業者は多く、家族だけでペットの最後を見守ることができます。火葬の立会は、希望するかしないかが選べます。また、大阪のペット供養は、大阪の地に、霊園を用意し、飼い主の希望があれば、骨をそこへ埋葬します。中には、49日が過ぎたあと、納骨される方もいます。大阪の霊園は、都心から離れた場所にありますので、無料の送迎バスを葬儀業者が用意しています。きちんと供養することで、悲しい気持ちの整理ができます。もしもの時には、これがペットへ最後に示せる、最後の愛情です。